なるへそ

同人サークル向けのhowto系メモ帳。時々更新。

Adobe Photoshop Sketchでパースを描く【iPadで絵を描く】

仕事で必要だったからiPad pro 12.9inchとapple pencilを買いました。
最近アナログに帰ったのですが、ipadapple pencil、非常に紙に鉛筆で描いている感覚に近くて。
デジタルでこんなに描くのが楽しいなんて嬉しいです。

ちなみにですが、ツルツルした感触に描くのが嫌なので、こちらのペーパーライクな保護シートを貼りました。

本当に良いです。紙に描いているときの感覚にすごく近い。
undoと拡大縮小のある紙みたいな気分です。

Adobe Sketchの遠近グリッドとシェイプ(定規)が便利

さて、仕事の息抜きに色々アプリを試していますが、
元々デジ絵を描く時もPhotoshop派だったので、今のところAdobe Sketchこと、
Adobe Photoshop Sketch」が一番相性がいいです。
ブラシの感覚が好き。最高に鉛筆っぽいです。

www.adobe.com

pcのphotoshopからブラシをインポート出来るのも嬉しいのですが、
個人的に遠近グリッドとシェイプ(定規)が便利だなと思いました。
要するにパースが引けます。

遠近グリッドの基本

どんな感じか分かるように録画してみました。ゆらゆらしてて申し訳ない!
雲形のシェイプもあるので、カーブにも色々と対応できます。

写真からパースを自動で起こす

サンプルでadobe stockから写真を落としてきて使ってみました。もちろん撮影した写真からパースを起こせます。

一枚しっかりパースで背景を描いてみましたが、しっかりかけて便利でした。